借金 減らす方法

借金整理の仕組み

債務整理とは?
借金を減額したりして、借金のある生活から解放されるための手続のことです。
いわゆる債務を整理する方法の総称です。
中でも主な債務整理の手続には、1)過払い金請求、2)任意整理、3)民事再生、4)自己破産、という4つの手続があります。時にはこれに「特定調停」を含む場合もあります。
専門家に、債務整理の手続を依頼することで、その後の支払や取立を直ちに止めることもできます。

過払い金請求とは?
本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者に支払い過ぎたお金のことを過払い金といいます。
この払い過ぎたお金を計算し、貸金業者に返還請求する手続きを過払い金請求と言います。

任意整理とは?
借金の減額や金利の引き直しなどを交渉することにより毎月の返済金額を減額して、生活に支障のない範囲での返済を行えるようにする債務整理の手続のひとつです。任意整理をした結果、過払い金が発生していたことが判明することがあり、その場合、過払い金請求により払い過ぎていたお金を取り戻すことができます。他の手続と違い、裁判所を通さずに貸金業者と交渉を行うのが特徴です。

民事再生(個人再生)とは?
個人民事再生とは、現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらい,減額された借金を3年〜5年かけて分割で返済していく手続です。
借金の額が5,000万円以下の方は、一定額の減額(住宅ローンは除かれます)が受けられる可能性があります。個人民事再生の特徴としては、住宅などの財産を維持したまま借金の整理をすることができ、特定の職業に就けないといった資格制限などを受けることもないことが挙げられます。

自己破産とは?
自己破産とは、債務整理の手続のひとつで、財産がないために支払ができないことを裁判所に認めてもらうことにより、法律上、借金の支払義務が免除されます。
住宅や車などの高価な財産は手放さなければなりませんが、今後の収入は生活費に充てることができます。


自力での返済が難しいと感じたら、はやめに債務整理を検討しましょう。
また、返済のために新たな借入れを増やそうとしているなら、それはもう自力での返済が難しいということ。早急に債務整理を検討してください。
新たな借入れで一時的にピンチを乗り切っても、自分の首を締めるだけです。
債務整理を決意したら、すぐに専門家や専門機関に相談してください。

初回相談料無料としている法律事務所、弁護士事務所も多いので、自分で事務所選びができる方は、そういったところに相談してもいいと思います。

さあ、債務整理を始めましょう。

ベストな解決方法は人それぞれ、 3つの債務整理方法。

債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」など、いくつかの種類があります。
借金で悩んでいる人のなかには、すべての借金をなくしてしまいたいと思っている人から借金の金額は減らしたいけどできれば完済したい人、マイホームは手放したくない人などなど、それぞれの事情や考え方の人がいます。その状況や考え方に合わせて、それぞれ適した債務整理の方法がありますので、まずはそれぞれの方法の内容をよく理解し、どの方法が自分にとってベストな解決方法なのかを検討する必要があります。
返済したお金が戻ってくることも。

自己破産は借金がすべて消えますが、財産の処分をしなくてはならないというデメリットもあります。
「借金をとにかくなくしたい!」というのであれば自己破産が一番ですが、借金の金額や借入件数が比較的少なく、「自己破産をするほどではないけれど、毎月の返済額を減らしたい」と思っているなら任意整理の方がベターです。
また、「任意整理は無理だけど、破産はしたくない」とか「車や家を手放すのは嫌だ」という人には、これから先の支払いプランを見直すことができる民事再生(個人再生ともいう)を選ぶといいでしょう。

弁護士などの専門家は医者と同じで、それぞれに最適な治療法、すなわち解決方法をアドバイスしてくれるのです。

借金の取立てが止まります
いずれの債務整理でも弁護士などの専門家が介入すると、取立てが止まります。債務整理をすると、消費者金融やクレジット会社は、依頼者の自宅や勤務先に連絡できなくなります。弁護士に依頼して債務整理をする場合、静かな生活を取り戻した上で、借金の整理をすることが可能です。
弁護士があなたの生活の立て直しをします
弁護士が依頼者の負債状況を綿密に調査・分析し、依頼者にとって最適な債務整理の方法を導き出します。”依頼者の生活再建”を最重要視した債務整理を行います。

あなたが思っているより、借金問題は緊急性がある問題です。少しでも早く専門家に相談して、再スタートを切ってみてはいかがでしょうか?
自分自身で考えていても解決しません。あなたの勇気ある行動が必要なのです。多少なりとも債権者には迷惑をかけることになりますが、
解決方法がないと言う問題ではないのです。

さあ、あなたも借金問題から解放されましょう!

 

サイトマップ